HOME
油圧のプロとして
よくあるご質問
実績のご紹介
会社概要
私達のご紹介
油圧専門技術屋として
油圧機器販売
事例&お客様の声
よくあるご質問
取り扱いメーカー
 
油圧技研株式会社
岡山県浅口市鴨方町小坂東2614-1
TEL:0865-44-7626  
FAX:0865-44-5583

よくある質問

油圧って?
1人の子供が10人の大人をもちあげることは不可能なことですが、それができるのが油圧の秘密です。
しかも重量挙げのように瞬間的に持ち上げるのではなく、一定時間持ち挙げ続けることもできるのです。
油圧ユニット製作までの流れは?
お問い合わせ→仕様打合せ→御見積→設計→製作→納品
油圧装置(ユニット・シリンダ等)修理の流れ
お問い合わせをいただきまして、トラブルの症状を詳しくお聞きし、ご訪問させて頂くか、弊社まで油圧装置梱包発送していただき、調査・修理・御見積りの算出のご連絡をいたします。
修理のご依頼を頂きまして修理を開始いたします。


動力プレス特定自主検査の流れ
お問い合わせ→打合せ(メーカー・機械の種類・能力・台数)→御見積→検査→チェックリスト送付
ポンプから異常音がするんだけど?
原因はいくつか考えられます。サクションフィルターの目詰まりやポンプ内部部品の摩耗・破損等考えられます。早急に対策が必要です。
お問い合わせください。
シリンダーが動かなくなった?スピードが遅くなった?
原因はいくつか考えられます。アキュムレータの封入圧力が低すぎになっていないか、アキュムレーター内部の破損等考えられます。
対策が必要です。お問い合わせください。
油圧ホースから油漏れ、劣化しているホースは大丈夫?
通常、油圧ホースの寿命はメーカー側では3年を目処に交換を推奨しております。使用状況、環境により劣化の進行状況は変わりますが、早めの交換を推奨しております。
劣化した油圧ホースを使い続けるのは大変危険です。
人命に関わる事故を引き起こしかねません。
日頃からの点検を実施してください。
油圧作動油って交換必要なの?
必要あります。油圧作動油の劣化は油圧機器のトラブル原因になります。圧力変動、性能低下、作動不良等、悪影響をおこす原因となります。油圧作動油は定期的な交換をお勧めします。
油圧装置のメンテナンス方法(点検)はどうすればいいの?
油圧装置の寿命を長く保つ為には、保守点検が重要です。
日常点検は運転前、運転中、運転後に実施します。
点検箇所としては下記の点等を点検してみてください
① 異常音 ② 異常振動 ③ アクチュエーターの動き ④ 油漏れ 
気になる箇所等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
個人情報の取り扱いについて